第1条(定義)

(1) NHKが提供するアプリケーション・プログラム・インターフェースは「API」と呼びます。
(2) これに付随するサービスを総称して「本サービス」と呼びます。
(3) 本サービスをご利用いただくユーザは「本ユーザ」と呼びます。
(4) 番組表API利用規約は「本利用規約」と呼びます。
2 NHKが本サービスの利用に際して利用上の注意等(以下「利用上の注意」という)を規定する場合、利用上の注意は、本利用規約の一部を構成するものとし、本ユーザは利用上の注意もあわせて遵守するものとします。

第2条(目的)

本サービスは、NHKの番組視聴の機会増大を目的としています。
2 ユーザー利用が前項の目的に適さないものとNHKが判断した場合は、本サービスの提供を制限あるいは停止する場合があります。ただし、次の各号に該当する場合は、本サービスの利用を停止します。
(1) NHKを誹謗中傷する目的を有すると認められる場合
(2) NHKの業務を妨害する目的を有すると認められる場合
(3) 法令に違反する行為、公序良俗に反する行為、NHKまたは他人の権利を侵害する行為が認められた場合
(4) その他社会的に見て不相当と認められる場合

第3条(本利用規約の同意)

本サービスは、NHKが本利用規約第4条において定める登録手続きを経たユーザのみが利用できる、無料のサービスです。「利用規約に同意します」前のボックスにチェック(✔)して、「アカウントの作成」ボタンを押し下げることにより、本ユーザが本サービスの本利用規約及び各利用上の注意に同意したものとみなします。

第4条(申し込み・利用承認)

本ユーザは、本利用規約を確認・同意した上で、番組API利用登録ページに所定の事項を入力し送信することにより本サービスの利用申し込み(登録)をするものとします。
2 NHKは、当該申し込みを承認する場合は、本サービスの利用を開始できるようにします。本ユーザが最初に本サービスの利用を開始した時点で契約が成立するものとします。なお、NHKが不適切と判断した場合、当該申し込みを拒否することができるものとします。
3 契約成立後であっても、NHKが不適切と判断した場合は、本利用規約に基づき当該本ユーザの登録を取り消すことができるものとします。

第5条(登録内容の変更)

本ユーザは、番組API利用登録ページに入力した事項に変更が生じた場合は、同ページに変更内容を改めて入力し送信することによって、直ちにNHKに届け出るものとします。

第6条(アクセスキー管理)

NHKは、本ユーザの申し込みを承認した場合、APIの利用に必要なアクセスキー(以下「APIキー」という)を本ユーザに対しアプリ登録毎に1つ発行するものとします。
2 本ユーザはNHKから発行されたAPIキーを第三者に譲渡・貸与・開示してはならないものとします。但し、本サービスを利用して開発するアプリケーション等のプログラムの仕様上開示せざるを得ない場合は除きます。
3 本ユーザは、管理責任を負うものとし、APIキーの不十分な管理、使用上の過誤、第三者の使用等に起因する損害に対し、自ら責任を負うものとし、APIキーが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、速やかにAPIキーを更新するなど、自らの責任で対応するものとします。
4 NHKは、APIキーの不具合およびAPIキーの管理に起因して発生した一切の損害等について何らの責任も負いません。

第7条(利用の制限・拒否について)

NHKは、本サービスを適正に運営するために、次の各号のいずれかに該当する場合には、あらかじめ通知することなく、本ユーザに割り当てたAPIキーを解除したり、本サービスの全部または一部の利用についてアクセス数・時間を制限またはアクセスを拒否したりするといった措置を講じる場合があります。また、APIキーの再発行についても制限する場合があります。なお、上記措置について説明を求められても、NHKは説明および返答の義務は負いません。
(1) 一定の利用回数を超える過度なアクセスが発生し現にサーバへの過度な負荷がかかっているとNHKが判断した場合
(2) 本サービスの負荷に鑑みNHKが必要と判断した場合
(3) 本利用規約第4条に基づく登録手続きを経ていない利用であることが合理的に推測される場合
(4) その他、本ユーザによる本利用規約違反があると判断した場合、または本ユーザによる本サービスの利用が適切でないとNHKが判断した場合

第8条(利用するサイトやアプリケーションについて)

本サービスの提供は、本ユーザが運営するサイトやアプリケーションについて、NHKが協賛、推奨、保証などを行うものではありません。このような表記を行う利用は本サービスを制限または停止することがあります。
2 次の各号のいずれかに該当するとNHKが判断した場合には本サービスを制限または停止します。
(1) 第三者の著作権法等の知的財産権、プライバシー権、その他の権利や利益を侵害しているサイトやアプリケーション、そのほか、法令または公序良俗に反するおそれのあるコンテンツなどを提供しているサイトやアプリケーションでの利用
(2) NHKの放送やその他の業務について誹謗中傷したり、業務の遂行を妨げたりするサイトやアプリケーションまたは、そのおそれのあるサイトやアプリケーションでの利用
(3) 本サービスにより提供された情報等、本サービスに係るウェブサイトに掲載された情報を自己もしくは第三者のデータベースその他の記録媒体に複製保存すること(キャッシュ等利用上の注意で認められたものは除く)
(4) その他社会的に見て不相当な行為を行うサイトやアプリケーションでの利用

第9条(使用するURLやハッシュタグについて)

本サービスを活用したサイトやアプリケーションにおいて、NHKが提供する番組情報と、独自のURLやハッシュタグを単独で対応させて表示することはできません。必ず、本サービス内で提供されるURLやハッシュタグを使うこととします。独自のものを使う場合には、本サービス内で提供されるものと併用することとします。なお、ツイッター連動アプリケーションにおける、ツイート投稿内においてはこの限りではありませんが、ハッシュタグについては本サービスで提供するものの使用を推奨します。

第10条(クレジットの表記)

本ユーザは、本サービスを利用して開発されたアプリケーションによって表示される情報が、ガイドライン内の「クレジット表示」で規定された方法により、NHKより提供されたものである旨を表示するものとします。 本ユーザは利用上の注意に基づき、NHKが指定する表示方法(このウェブサイトへのリンク設定等)・更新頻度等に従い、本サービスを利用するものとします。

第11条(損害について)

NHKは、本ユーザが本サービスおよび本サービスが提供する情報を利用することによって生じるあらゆる損害(本ユーザ以外の第三者において生じた損害を含む。)およびクレームについて、また本サービスの遅延や中止、本利用規約に基づき制限や停止、登録の取り消しなどに起因して本ユーザが被った損害等について、一切の責任を負うことはありません。

第12条(サービス内容の保証および変更について)

NHKは、本サービスの提供について、エラーやバグ、不具合、中断その他瑕疵がないこと、また本サービスが提供する内容の正確性、信頼性、完全性、有用性について、一切保証していません。
2 次の各号に該当する場合は、NHKから、第4条および第5条の手続きにより登録または変更されたメールアドレスに通知します。
(1) NHKが重要と判断する本サービスの内容や仕様の変更
(2) 旧バージョンのAPIの終了
(3) 長期間にわたる本サービスの停止または中断(ただし、緊急事象による場合を除く)
(4) 本サービスの終了(前同様)
3 前項のほか、事前の告知なしに、本サービスの内容や仕様を変更したりすることがあります。
4 NHKは本サービスの内容や仕様の変更、終了、停止または中断によってユーザに損害等が発生してもその責任を負いません。

第13条(本利用規約の変更について)

NHKは本利用規約について、予告なしに変更することがあります。
2 本利用規約の変更があった場合は、NHKが本サービスに係るウェブサイト上に掲示した時点で、その効力を生じるものとします。本利用規約変更後、本ユーザが本サービスを利用した場合、本ユーザがその変更を承諾したものとみなします。

第14条(準拠法及び裁判管轄)

本利用規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本国内法に基づき解釈されるものとし、本サービスに起因または関連してNHKとユーザとの間に紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2014年1月6日制定